頭で考えることと心の声。新しい出会いがほしいと思う気持ち

こんにちは。ハワイ在住のMichiyoです。

今日は前の夫と死別してしばらく経ち、新しいパートナーがほしいと思い始めた時のことについて少し書きたいと思います。

当時、私の心の中では、もう一度パートナーと一緒に穏やかに暮らしたいと思う気持ちが確かにありました。

でも、頭では、死別してあんまり時間が経ってないのに新しいパートナーがほしいなんて周りに知られたら冷たい人間だと思われるんじゃないかと考えていました。

現状を変えたいと思うとき、自分自身の意見が分かれることがあると思います。

頭で考えることと心で感じていること。

亡くなった配偶者の家族に対する後ろめたさも頭で考えることの一つかもしれません。

親族と死別したのは自分だけではないので、周りへの配慮はとても大切だと思います。

衝動的に心の声だけに従ってしまうと、自分の選択が大きく人を傷つけてしまうかもしれません。

でも頭で考えることを解決する手段があるなら、心の声に従いたいと思う自分を許してあげてもいいと思います。

周りに表明する必要なんてないと思います。

最初はこっそり考えていればいい。

頭で考えていることの中には、自分の考え方を見直すことで解決することもあると思うのです。

でも、一人で考えているだけではなかなか前進しないのも事実です。

だから、話せる時期がきたら・・・誰かに話したいと思ったら、話せる相手にちょっとずつ話していけばいい。

私はそう思います。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村